塩見周子と堕ちるおはなし

69pt   2018-07-12 11:00
SSなび

1: ◆3ip8Usw05. 2018/07/01(日) 23:06:43.93 ID:RR08nQ0Z0
P宅

「ふぅ…ただいまー」

アイドルのプロデュースを終えやっとこさの帰宅。ああ言ったがもちろん誰もいない。癖になってるようなものだ。さて晩ご飯は何を─

「おかえりー」

…え?ここにはいないはずのアイドルの声がする。というか、この声はもしかしなくても…

とりあえずリビングに突撃

「おかえり~ あ、お菓子食べて大丈夫だったー?」

案の定俺が担当しているアイドル塩見周子がそこにいた。



いやいやいや「…なんでここにいる」

「そんな怖い顔せんくてもええってー」

「…なんでここにいる」

「お腹すいたーん♪」

「あれか、飯たかりにきたと いいワケあるか、帰れ」

「やーん、いけずー」

悪びれる様子もなくい座ってる…首根っこつかんで放り出してやろうか

「放り出したら捨てられたーって家の前で誰か来るまで泣いちゃうかもよー?ってあたっ…女の子にチョップて」

「それは俺もお前も社会的に死ぬからやめなさい まったくもう、飯食べたらはよ帰ること いいな?」

「あ、お風呂借りてくねー」

「人の話を聞けと言ってる あと着替えは貸さんぞ」

「大丈夫ー持ってきてるからー」

相変わらずの図太さと用意周到さである

「あ、覗いてもええよ?」

誰がするか はぁ…とりあえず簡単に作っておくか
   SSまとめアンテナトップページへ
SSの話題が沢山。