モバP「まゆと一緒にHな本を買いに行きたい!!」

204pt   2018-02-14 18:05
SSマンション-SSのまとめブログ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/26(日) 10:32:48.51 ID:R3AgfdqJO モバP(以下P)「…………………」

P「………はっ!?」

P「まゆ、俺と一緒にエロ本買いに行こうぜ!!」唐突

まゆ「え?」

P「え?」

まゆ「あの……プロデューサーさん、今まゆに何か言いましたか?」

P「俺と一緒にエロ本買いに行こうぜ!!」

まゆ「やっぱり私の聞き間違いじゃなかったみたいですね」

P「で、どうする?」

P「今の俺は早くエロ本を買いに行きたくてうずうずしているんだ。早く答えてくれよ」うずうず

まゆ「でもプロデューサーさんお仕事中じゃないですか」

P「今は仕事よりエロ本の方が大事!!こんな気持ちじゃ仕事に集中出来ないんだよっ!!」

まゆ「えぇ…プロデューサーさん本当にそれでいいんですかぁ?」

P「いい!!エロ本の為に仕事をサボったって別にいいんだ!!
何故ならウチの事務所はホワイト企業だから!!!」

まゆ「エッチな本の為にお仕事をサボって許される事務所は本当にホワイトなんですか!?」

P「そうだぞ、だからちひろさんが24時間無休でFGOをプレイしながら仕事してても誰も咎めないんだ」

まゆ「それはちひろさんが怖くて誰も指摘出来ないだけではないかと……」

P「大丈夫 大丈夫、怒られても後で緑色の事務員さんに詫び課金で、石を沢山買ってあげたら大体の事は許してくれるし」

まゆ「その石は絶対にスタージュエルじゃないですよね!?」

P「ちひろさん曰く書類上はスタージュエルだから大丈夫らしい」

まゆ「この事務所が絶対にホワイトではない事だけは、たった今わかりました」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1511659968


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/26(日) 10:33:35.84 ID:R3AgfdqJO まゆ「えっと、プロデューサーさん?」

P「なんだい、まゆくん 急に真面目な顔して相変わらず可愛いな」

まゆ「///ぷ、プロデューサーさん、今はそういう事を言われても困ります」

P「そうか、それで俺に何か言いたい事がありそうな感じだったけどどうしたんだ?」

まゆ「なぜまゆと一緒にエッチな本を買いに行きたいなんて言い出す事になったのかを聞いてもいいですか?」

P「勿論いいぞ、理由はだな」

P「ほら、まゆって俺に超詳しいじゃん?
だからまゆには俺にピンポイントでグッとくるエロ本を見つける才能があるのではと思ってさ」

まゆ「はい?」

P「俺天才じゃね?」

まゆ「すみません プロデューサーさん、すごくお馬鹿だと思います」

P「くぅ~、まゆに罵られた!興奮するぜ」

P「流石まゆ エロ本を買いに行く前から俺のツボを押してくるとは…これは期待大だな」はぁはぁ

まゆ「まゆ、まだ行くとは言ってませんよ?」

P「えー」

まゆ「えー、じゃなくてですねぇ」

P「いいじゃん エロ本の一つや二つ位選んでくれてもさ、別に減るもんじゃないんだし」

まゆ「減りますよ、女の子としての大切な何かが」

P「今の台詞なんかエロい、もう一回言って」

まゆ「嫌ですよ、もう そんな事ばかり言われたら何も話せなくなるじゃないですか!」

P「すまん すまん」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/26(日) 10:44:50.24 ID:R3AgfdqJO P「それじゃあ少しアプローチを変えてみるか」

まゆ「?」

P「まゆ、俺と大人の絵本を買いに行こうぜ!!」

まゆ「なんでちょっと言い方を変えたんですか?行かないですよ」

P「ほら最初はストレートに言い過ぎたから少しマイルドな表現で誘えばいけるかと思ったんだよ」

まゆ「別にそこを気にして断っているわけじゃないです」

P「んー、年頃の女の子は難しいな~ さてはまゆ、お前 反抗期ってやつだな?」

まゆ「違いますよぉ!私の年も性別も反抗期も関係なくプロデューサーさんのお誘いをお断りしているんですよ」

P「なんと、では何故断られると言うのだ……」

まゆ「それが解らないから断られているんですよ、プロデューサーさん……」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/26(日) 11:02:37.32 ID:R3AgfdqJO P「じゃあまゆこう言うのはどうだ」

P「俺とデートしよう!!」

まゆ「デート!!」まゆーん

P「エロ本デート!!!」

まゆ「あぁ、そういう……」

P「あれ?一瞬行けそうだったのにいきなりテンション下がっちゃったな」

P「やっぱ自分のプロデューサーとデートとか普通に嫌だったか」がっくり

まゆ(そっちじゃないです。もっと余分な要素がある事に早く気づいて下さい)

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/26(日) 12:53:54.60 ID:kmw9hnoY0 P「仕方ない、まゆは乗り気じゃないみたいだし今日は諦めるか」

まゆ「ほっ」

P「代わりにありすと一緒にエロ本買いに行こっと☆」

まゆ「プロデューサーさん!?」

P「よーし、早速誘いに行くぞー、今度はOK貰えるかなー ドキドキするぜ」

まゆ「ちょっと待て下さい!」

P「ん?どうしたんだまゆ、まだ俺に何か用でもあるのか?」

まゆ「用とかそういうのじゃなくて、今なんと言いました」

P「ありすと一緒にエロ本買いに行こうかなっと」

まゆ「ダメですよぉ」

P「なんで?」

まゆ「ありすちゃんはまだ小学生ですよ?」

P「なんだそういう事か、安心しろ俺も小6の頃はもうすっかりエロガキだったから大丈夫だって」

まゆ「今の台詞を聞いて何を安心すれば良いんですか!?
プロデューサーさんの子供時代とありすちゃんは別問題ですって」

P「えー、じゃあ具体的にどういう問題があるんだよ?」

まゆ「ありすちゃんの教育上よろしくありません」

P「それは俺みたいなプロデューサーにプロデュースされてる時点でもう手遅れだと思います」

まゆ「確かに!!!」

P「だろ?」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/26(日) 11:51:37.26 ID:kmw9hnoY0 まゆ「でもダメなものはダメです!倫理観とかそういうのがあるじゃないですかぁ」

P「んー言われてみれば確かに」

まゆ「やっと解ってくれましたか」

P「最初は本より動画の方が今の子にはいいかもな!」

まゆ「プロデューサーさんの倫理観とは一体なんなのでしょうか……」

P「幸いありすはタブレットを持ってる事だし、この際エロ本もエロ動画も買う事にするか」

まゆ「駄目です、どんどん悪い方向に向かって行って来てます。まゆはどうすれば」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/26(日) 12:14:49.05 ID:kmw9hnoY0 P「と言う訳でありすを探しに……」

まゆ「うぅ、ごめんなさいありすちゃん まゆは何も出来ませんでした……」

桃華「あら、Pちゃまこんな所でどうしたんですの?」

P「おう桃華か、今日はだな」

かくかくしかじか

桃華「ありすさんをエッチ本を買いに行こうと誘いに?」

P「うん!」

桃華「その前はまゆさんを誘っていて?」

P「その通り!」

桃華「……………」

桃華「Pちゃま、そこに正座なさい!」

P「え、なんで?」オロオロ

桃華「いいからそこに正座なさい、わたくし本気ですわよ?」

P「はい」しゅん

まゆ「意外な方向性での新展開が来ました」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/26(日) 12:55:09.92 ID:kmw9hnoY0 桃華「いいこと?Pちゃま レディー相手にそんなはしたない本の話をするだなんて、まずデリカシーがなってませんわ」

P「うぅ、ごめんなさい」汗ダラダラ

桃華「それにまゆさんにもセクハラ紛いの行動をして困らせたとか」

P「あれはまゆの反応が可愛いくてつい……」

桃華「Pちゃまがどういう理由でちょっかいを出そうと相手からしたらただの迷惑行為なんですのよ?」

~~~~~

桃華「そもそもPちゃまは人の話をしっかり聞く癖がなってませんわ」

~~~~~

桃華「Pちゃま、別にわたくしは貴方がいかがわしい本を読んでいた事について怒っている訳ではありませんのよ?」

~~~~~

桃華「もちろん、わたくしも殿方のそういった事には理解があります。しかし今回Pちゃまはそれを他人に押し付け多大なるご迷惑を掛けた事をしっかりと理解して頂かないと……」

~~~~~

桃華「ここまでの話を聞いて、Pちゃまはまゆさんの気持ちを考えて行動出来たと思いますか?」

~~~~~

桃華「別にわたくしもPちゃまが憎くてこんな事を言っている訳ではないんですのよ?」

~~~~~

桃華「わたくし、Pちゃまをそんなプロデューサーに育てた覚えはありませんわ」

~~~~~~

P「うわぁ~~、ごべんなざぁ~~い」号泣

桃華「Pちゃま、わたくしに謝っても意味はありませんわよ?」

P「うぅ、まゆごめん……」しくしく

まゆ「い、いえ まゆはもう大丈夫ですよぉ……」

桃華「よく出来ましたわ Pちゃま
ほらこちらにいらして、お顔が涙と鼻水で汚れてますわ 拭ってあげないと」

P「桃華ぁ……」

まゆ(す、凄いです桃華ちゃん!ものの一瞬でプロデューサーさんを正しい道へと導きました。
それにあの母性……只者ではありません!!)

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/26(日) 18:45:24.06 ID:kmw9hnoY0 P「という事があったんだよ、森久保」

乃々「えぇ、そんな話を森久保にされてもどんな反応をすればいいのかわからないんですけど……」

P「いやほら、俺ってエロ本をベットの下に隠す派の人じゃん?」

乃々「知りませんよ、そんな事…」ぷい

P「で、森久保は俺のデスクの下にいる人だからエロ本と親戚みたいなもんだろ」

乃々「全然違うんですけど!?森久保を変な括りにしないで下さい…うぅ」

P「だからさ、今回の一件についてエロ本側の意見を聞きたくてだな」

乃々「なんで私がエッチな本の代表みたいになってるんですか、むーりぃー」

輝子「諦めるんだボノノちゃん、親友は元からこういう奴なんだ」うんうん

乃々「輝子ちゃんは既に悟りを開いているっぽいんですけど」

P「ほらほら輝子もこう言ってる事だし、な?もう諦めろ」

乃々「これは新手のいぢめですか…いぢめですね…きっとそうです……」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/26(日) 19:24:45.50 ID:kmw9hnoY0 P「てな感じで第二回アイドルと一緒にエロ本買いに行きたい作戦の会議を始めるぞ」おー

輝子「おー」

乃々「なにか始まったんですけど」

乃々「プロデューサーさん、そんな事ばかりしていたらまた桃華ちゃんに怒られちゃいますよ?」

P「ふ、でもさ森久保、失敗や怒られる事を恐れていたら何も出来ないだろ?」キメ顔

乃々「なんでちょっとカッコいいこと風に決めてるんですか……プロデューサーさんは ただエッチな本が買いたいだけですよね?」

輝子「うんうん、相変わらず親友はいいことを言うな…」

輝子「失敗を恐れて何も行動しなかったらずっとぼっちだもんな」

乃々「うぅ…輝子ちゃんも変な所で感銘を受けないで下さい…」

乃々「駄目です…普段は頼りになる輝子ちゃんもプロデューサーさん(親友)の前では評価が甘々なんですけど」

乃々「むーりぃー、早くこの空間から逃げ出したい……」

P「デスクから出て行きたいなんて森久保も成長したな、プロデューサーは感動したぞ」

乃々「……私の意図を全く理解してもらえません」

輝子「安心してくれ、私はいつでもボノノちゃんの味方だぞ?フヒ……」

乃々「その輝子ちゃんも今日ばかりは敵なんですけどー」しくしく

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/27(月) 20:11:06.78 ID:bRxUwZFl0 ???「ふっふふ~、話は聞かせて貰ったよ」

P「お、お前は!?」

P「愛海!!!」

愛海「お山の本を買いに行くなら、あたしを誘ってくれればいいのにプロデューサーも水臭いな~」

乃々「より事態をややこしくしそうな人が増えたんですけどー」

愛海「およ?これはこれはぷりちー控えめお山のお二人さんこんにちは!!」

輝子「こんにちは」

乃々「………こんにちは」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/27(月) 20:45:50.30 ID:bRxUwZFl0 P「愛海よ、来てそうそう悪いが俺はお前と一緒にエロ本を買いに行く気はないぞ」

愛海「えーっ!!なんでさ」

P「理由、それはだな……」

愛海「それは……」

ゴゴゴ ゴゴゴゴ………

P「エロの音楽性の違いだ!!」デテーン

愛海「ほう、音楽性の違い、ね……」ゴクリ

ゴゴゴ ゴゴゴ……

乃々「なんでそれっぽい雰囲気でまるでシリアスな会話をしている感じで決めてるんですか!?
二人ともエッチな本の話をしているだけですよね?」

輝子「音楽性の違いか…そうか、それなら仕方ないな」

乃々「輝子ちゃんもノリノリで二人の会話に乗らないで欲しいんですけど」

乃々「うぅ、もりくぼ 元々こんなキャラじゃないはずなんですけど……
誰かツッコミキャラの人たーすーけーてー」

P「安心しろ森久保、まゆも序盤の方はツッコミキャラじゃないながらに健闘していたぞ?」

乃々「そもそもプロデューサーさんが普通の人だったら、まゆさんももりくぼも健闘する必要なんてないんですけど!!!」

P「お?お?なんだなんだ今日の森久保はやけくぼモードだったのかな?」

やけくぼ「違うんですけどぉぉぉーーー」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/27(月) 21:16:30.36 ID:bRxUwZFl0 事務所の外

P「うぅ、ひぐひく……うわぁーん」とぼとぼ

P「……ちひろさんにうるさいってめちゃくちゃ怒られて追い出された」ぐすん

P「しかも俺だけ」自業自得

P「今日はもう帰ろう……」

まゆ「プロデューサーさん」

P「おう、まゆか」

まゆ「今日はもう帰るんですかぁ?」

P「うん…」

まゆ「そうですか」

P「………………」

まゆ「ではまゆもご一緒しますね」

P「…うん」

……………………

まゆ「今日の夜ご飯は何が食べたいですか?」

P「……ハンバーグ」

まゆ「プロデューサーさんのお家に着いたらすぐ作りますね」

P「………まゆ」

まゆ「どうしましたか?プロデューサーさん」

P「ありがとう……」

まゆ「はい!」

END

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/27(月) 21:19:08.62 ID:bRxUwZFl0 落とし所がわからなくて最後はやっつけ気味にしてしまった
とりあえずここまで付き合って読んでくれた人ありがとう 28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/27(月) 23:04:02.20 ID:XyxXhAurO 元鞘やね元鞘
おつおつ 30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/28(火) 08:10:39.45 ID:H1Ngi/+Ho おもしろかった


元スレ
タイトル:モバP「まゆと一緒にHな本を買いに行きたい!!」
URL:https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511659968/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

   SSまとめアンテナトップページへ
SSの話題が沢山。